つわりを軽減する方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妊娠初期にあらわれるつわりの症状。早い人では、妊娠がわかったときからつわりの症状を感じ始めることがあるようです。
吐き気や嘔吐、食欲不振、倦怠感、眠気、においに敏感になるなど、様々なつわり症状があらわれます。
つわりの原因はよくわかっていませんが、妊娠によるホルモンの分泌量の急激な変化や、精神的なストレスが関係しているのではないかといわれています。なかには、1日に何度も吐いて食事がほとんど食べられず、水を飲んでも吐いてしまい、体重が激減してしまうなどの重い症状がある方もいるようです。
かなり重い症状の場合は、産婦人科を受診し、適切な治療をしていただく必要がありますが、軽いつわり症状なら、工夫して乗り切ることができます。

つわりを軽減する方法の1つに、アロマオイルの香りでリフレッシュする方法があるようです。
妊娠中は様々なにおいに敏感になってしまいますが、つわり症状が軽減できるといわれている香りがあるようです。
それは、ほどよく酸味のあるスッキリとした柑橘系の香りです。よく妊娠すると、酸っぱいものを食べたくなるといわれていますが、酸っぱい香りも妊娠中には良いようです。他にも様々なつわり 対策があるので、自分にあったつわりの軽減方法をみつけるとよいでしょう。

家族につわりのつらさを理解してもらい、協力を得て、つらいつわり時期を乗り越えることができると良いですね。